婚約指輪の人気のデザイン・お手入れ方法

婚約指輪はどういったデザインが人気なのでしょうか?

2017年09月06日 17時15分

大雑把なデザインについて変化はありません。
近頃は従来のシンプルなものから、少し華やかさがあるデザインになってきています。
婚約指輪と結婚指輪を組み合わせて2本使う女性も増えています。
一般的に人気のあるデザインは(1)ソリテール(2)メレ(3)パヴェ(4)エタニティの4タイプです。
それぞれに関して紹介します。
 
●ソリテール
昔からもっとも女性に人気があるデザインで婚約指輪のベーシックデザインとなっています。
ソリテールは音楽の「ソロ(独奏)」という意味から名付けられています。
中央に一粒のダイヤモンドをあしらった特徴がありシンプルで飽きの来ないデザインです。
 
リングのデザインはダイヤモンドを支える爪のあるタイプや、爪がなくリングにダイヤモンドが埋められているタイプが人気となっており、
さまざまなデザインのリングがあります。
 
●メレ
真ん中のダイヤモンドの脇に小さなダイヤモンド(メレ)が数個ついているデザイン。
人気上昇中のデザインでピンク色のメレを配置するタイプが好まれています。
 
●バヴェ
フランス語で「石畳」の意味があります。
小粒のダイヤモンドをパヴェセティング法でリングに敷き詰めます。
真ん中に配置されたメインのダイヤモンドの周囲に敷き詰められたダイヤが豪華さを演出してくれます。
 
●エタニティ
小さなサイズのダイヤモンドを隙間なくリングに敷き詰めたデザインです。
エタニティーとは「永遠」を意味します。
ダイヤモンドが途切れなく並んでいることからエタニティリングと呼ばれています。サイズの変更はできません。
 
一番人気のソリテールの人気は下降気味で、メレ・パヴェのようにメインのダイヤモンドの周囲に
小さめのダイヤモンドが配置されている華やか系のデザインが人気になって来ています。
ソリテールでも爪がなくダイヤモンドが埋め込まれたタイプよりも爪があったボリュームのあるダイヤモンドを支えているデザインの方が人気です。
 
リングのデザインはストレートな直線的なものではなくて、少々カーブがある丸みのあるデザインのリングを好む女性が増えています。
参考にしてみてください。